サンカルロは金沢市でおいしいイタリアン、本格ピッツアをカジュアル感覚で食べられるお店

サンカルロ

story of sancarlo

料理とワイン

ピッツェリア・サンカルロは、オーセンティック(正統派)ナポリスタイルピッツァとワインを手軽にお楽しみ頂きたいという想いから生まれました。

奇をてらった斬新な料理や組合せではなく、素材の本質の味を調理を通して確実に届けたいと考えてメニューは作られています。
その為に素材にはこだわります。毎月2回だけイタリアから届くフレッシュなモッツァレラブラータは、その期間限定でのみメニューになります。

バーニャカウダやサラダ、付け合わせの野菜は地元金沢から能登まで産地を周り、美味しい季節を勉強して仕入れます。
手作りの果実ジェラートも毎回市場から旬のものを仕入れ、素材の味を全面に押し出すようにレシピを組み立てます。
自慢の自家薫製スモークサーモンはノルウェー、タスマニア、チリetc 時期により世界中から最適な産地のものを選びます。

またサンカルロで供されるパンやピッツァの生地は全て早朝から手作りで職人が毎日用意し、
ワインはソムリエの資格を持つスタッフが試飲し納得いくもののみを、保管状態まで確認した上でご提供いたします。

01
02
03
04
05
店内

01
02
03

ミラノのスカラ座、ローマのオペラ座に並ぶイタリア三大歌劇場のテアトロサンカルロのように、優雅にそれぞれが想い想いの時間を過ごしてもらいたい。

サンカルロの名前の由来は、そんなイタリア最古の劇場をイメージしてつけられました。店内にはシャンデリアと舞台が。
図書館をイメージしたワインの棚、バーとして一人でもゆっくり楽しめるカウンター席。ライブ感を楽しめるカウンター越しのピッツァ台。
音響設備にも力を入れ沢山の人が集まるパーティーでも、ストレスなくイベントにのめり込んで頂けます。

スタッフ

サンカルロのチームは皆食べることが大好きです。毎日料理とワインやチーズ、調理やサービスの話で盛り上がって時には時間を忘れてしまいます。

「最高の空間で最高の料理とおもてなしをする」これが私たちの共通の目標です。

料理長カナコは金沢市出身。子供の頃から探究心が強く、県内の複数の店舗での料理を勉強した後、IMMフードサービスにて、東京で腕を振るった加藤シェフや六本木ミッドタウンのDEEN&DELUCA料理長武田シェフに師事。
「お客様にとって分かりやすく、美味しく、そして身体も喜ぶ料理を作りたい」。

サービスはダイスケが、お客様の要望をなんでも叶えます。「サンカルロで毎日のように出てくる新メニューを、覚えてお勧めすることが僕にとってとてもエキサイティングです」
時にはご予約の際にメニューの説明が長くなり過ぎたり、お電話口でお料理をお勧めしてしまうことも。

皆が楽しんでいるお店でお客様をお待ちしています。

大切な人とのひとときをサンカルロの料理と音楽、スタッフの笑顔と共にお過ごしください。

01
02
03